千歳市 マンション 流し台 水道管水漏れ修理

本日は千歳市のマンションで行いました水道管の漏水修繕についてご紹介致します。

正月期間に不在にしており、帰宅して元栓を開けたら流し台の後ろからものすごい音がして水が漏れだしてきたそうです。

早速お伺いしてお調べしました。

f:id:urban1:20200117122855p:plain


流し台の前が水浸しとなっていました。

f:id:urban1:20200117122908p:plain


流し台の後ろに水道管が取り付けられているタイプのようで、収納庫内部も水びだしとなっています。

流し台を取り外し水道管の状態を確認しました。

f:id:urban1:20200117122938p:plain


カバーのかかっている水道管内部から漏水しています。

おそらく水抜き不足によって水道管が破裂したものと思われます。

筋状の亀裂が入っているところから水が漏れていました。

f:id:urban1:20200117123019p:plain


水道管は銅管でしたので問題の部分のみを交換し、カバーをかけて終了です。

 

f:id:urban1:20200117123034p:plain

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌市 トイレ排水管内 排水管カメラ使用 異物除去

本日は札幌市内の商業施設において行いました、トイレ排水つまり工事についてご紹介致します。

トイレの排水がすべて流れにくい状態なので急いで修理して欲しいとのご相談でした。

店舗のお客様用トイレは男女兼用で一か所しかないため急を要する案件でした。

専属の業者さんがある程度の詰まり直しを行おうとしたそうですが、思うように行かず弊社にご依頼いただきました。

その施工業者さんより現在の状況を聴取し作業を開始しました。

まずはトイレから屋外の汚水枡に至る途中の配水管の点検口を探しました。

このような丸い鉄のふたを見かけたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、これは電気や水道関係の設備が床下に埋設されている場合に、何かしらの点検を要する際に開けて作業するための口です。

f:id:urban1:20200115110907p:plain

これを専用工具で開けてここから排水つまり冶具を使用し改善させます。

f:id:urban1:20200115111111p:plain


商業施設などは排水管の構造が複雑な場合が多いためまずは、排水管カメラを挿入し、異物の有無や詰まっている場所を特定し最適な修理工具を選定し作業します。

f:id:urban1:20200115111519p:plain


便器から約7メートルの位置に異物が詰まっている状態が認められました。

f:id:urban1:20200115111601p:plain


画像から判断すると紙おむつ状のものが排水管内を閉塞させているようでした。

今回は高圧洗浄機を使用し閉塞物を粉砕し押し流す方法としました。

点検口より高圧洗浄ホースを挿入し異物に直接高圧水を噴射し粉砕しながら洗浄します。

f:id:urban1:20200115111628p:plain


下流側に粉砕された異物が流れ込み詰まりが改善されたのを確認し終了です。 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

 

恵庭市 排水管詰り高圧洗浄

本日は恵庭市の戸建てで行いました排水管のつまり修理についてご紹介致します。

去年の暮れから排水の調子が悪かったようです。

トイレや洗面所で排水した際にゴボゴボという音が出て様子がおかしかったそうです。

複数の排水が同時に不調になるのはほとんどの場合、外の汚水枡(マンホール)が原因となります。

ただし、冬期間は積雪のため点検は容易ではありません。

今回もマンホールがある付近に大量の積雪がありました。

f:id:urban1:20200114103839p:plain


除雪機械を使用するスペースがない場所でしたので人海戦術で除雪しマンホールを探し出しました。

f:id:urban1:20200114103854p:plain


マンホールのふたを開けて確認したところ、排水されず詰まっている状態でした。

f:id:urban1:20200114103908p:plain


排水管高圧洗浄により詰まりの原因を取り除き、浴室やトイレなどから排水を大量に流し改善されたか確認します。

f:id:urban1:20200114103926p:plain


問題なく排水されたことを確認し凍結防止のためマンホールの上に除雪した雪を戻して終了です。

f:id:urban1:20200114103945p:plain

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌 ルーフドレンヒーター(凍結防止ヒーター)動作点検

外気温の温度差が激しい状態が続きますと屋根の雪が解けては凍るという状態を繰り返しますので、排水路で凍結する可能性がございます。

排水路が凍結しますと、融水が排水されず、すが漏れの原因となります。

メーカーにより排水路ヒーターやドレンヒーターなどいろいろな呼び名がございますが全て用途は同じです。

f:id:urban1:20200113125806p:plain


冬季間以外は電源を落としている方はうっかりスイッチやブレーカーを入れ忘れてる方がいるかもしれません。

f:id:urban1:20200113125835p:plain


屋外の排水管のマンホール内にあるヒーターの先端に異常(傷や欠損)が無いか、一度引き出してみて確認もしたほうが良いかもしれません。

f:id:urban1:20200113125849p:plain


サーモスタット付きの製品は以下の方法で動作確認できます。

製品にもよりますが、外気温が4℃以上の時は基本的に動作しないように設計されているようですので、電源を入れた状態では電源ランプのみ点灯します。

f:id:urban1:20200113125907p:plain


保冷材や氷の入った容器などでサーモ部を冷やます。

しばらくして通電ランプが点灯しヒーターが温まりだしたら正常の動作と言えます。

f:id:urban1:20200113125921p:plain

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌市 一戸建て 天井すが漏り 修理

本日は築32年の一戸建てにおいて発生しました雨漏り修繕についてご紹介致します。

朝方から少しずつ、2階の天井よりあま漏りがしていたようです。

3年に一度ぐらいの割合で起きるそうですが、今回は極端な量がもれてきたそうです。

f:id:urban1:20200110101945p:plain


今までにはない位の雨漏りのようで、壁のクロスに雨水がしみこみはがれかかっています。

f:id:urban1:20200110102028p:plain


早速問題の屋根を点検しました。

f:id:urban1:20200110102049p:plain


元々は三角屋根 だったそうですが、落雪対策のためにスノーダクトを取り付ける改造工事を施されてました。

このダクト用の凍結防止ヒーターも取り付けられているそうです。

まずは問題部分を除雪します。

屋根の除雪に使用するスコップは傷などの損傷防止のために金属製以外の物を使用します。

f:id:urban1:20200110102121p:plain


お客様のご説明通り、凍結防止のためのヒーター(排水路ヒーター)は設置されていました。

しかし、雨どいになる部分にはヒーターは入っていない状態です。

f:id:urban1:20200110102145p:plain


今回のすが漏れ事故の原因はヒーターの設置がないためと思われます。

この部分には専用の雨樋ヒーターが必要です。

特に、寒暖の差が激しい時期には自然解凍はほとんど望めません。

雨樋直下のお部屋に暖房が常に入っている状態の場合はこのような事故は起こりにくいと言えますが、アパートなどで空室の場合は特に注意が必要です。

後日、専用のヒーター設置工事を行うこととなりました。

雨水などで汚損しました内装はお客様ご加入の火災保険により修復工事をすることとなりました。

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

石狩市 マンホール 排水 あふれ 排水管内清掃工事

本日は石狩市の一戸建てにおいて行いました排水管高圧洗浄についてご紹介致します。

お客様宅のお隣の方から、排水用の桝から排水があふれ出ていると連絡があったそうです。

早速お伺いし調査致しました。

マンホールのすべては雪で覆い隠されています。

f:id:urban1:20200109102454p:plain


水回り(流し台、洗面所、トイレ、浴室)付近の地面を探索し位置を特定します。

そこから流出方向を特定し問題個所に近づいて行きます。

f:id:urban1:20200109102508p:plain


全部のマンホールを掘り出して、原因個所と思われるところに近づいてきました。

汚水桝内は汚泥などで完全に閉塞している状態です。

f:id:urban1:20200109102553p:plain


この程度であれば、排水管高圧洗浄やトーラー清掃で除去することが可能です。

ただし、商業施設やマンションなどでは有機汚泥の量が多くなるため、場合によってはバキューム車で吸引除去作業が必要となります。

一通りの清掃作業を行い汚水枡内がきれいになりました。

f:id:urban1:20200109102608p:plain


原因は付近に自生している木の根がマンホールや排水管内に進入し排水の流れを阻害していることと判明致しました。

旧式の汚水枡はコンクリート製のためどうしても桝の隙間から排泄物などを含んだ汚水が漏れてしまうため、それを求めて植物の根が侵入しやすい状況となってしまいます。

最近の汚水枡は塩ビ製のため、塩ビ製の排水管としっかり密着するためこのような問題を排除できます。

左側が旧式のコンクリート製マンホールで右側が塩ビ製のマンホールです。

f:id:urban1:20200109102630p:plain


4月以降にコンクリートマンホールから塩ビマンホールらに変更工事を行うこととなりました。

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌 月ぎめ駐車場 無断駐車 ホイールロック実施 

本日は弊社で行っております、月ぎめ駐車場(月決め駐車場・月極め駐車場) や店舗の駐車場などに無断で駐車する車両に対しての移動制限措置サービスについてご紹介致します。

冬の時期は雪があるため路上駐車がしにくい状態にあり、夜間などに車の出入りが無い駐車場などに無断で駐車されることが多くあります。

一時的なものから深夜のみ継続的に駐車される例もあります。

この状況を放置しますと、それが常態化しさらなる無断駐車車両が増える結果になる場合もございます。

無断駐車を日常的に行っている人達は、一見して駐車しやすいか否かを判断できるようです。

このサービスはそのような第三者に対しての警告の意味も含みますので、無断駐車警告看板と合わせてその実効性をるものと言えます。

札幌市のテナント駐車場において、深夜になると無断駐車する車が3台以上あり、除雪車の支障をきたすので対処したいとのご相談でした。

早速、当該車両に対しホイールロックを施しました。

f:id:urban1:20200107105834p:plain

このホイールロックは両輪に対して施工致します。

f:id:urban1:20200107105904p:plain

警告文を貼り付けます。

f:id:urban1:20200107105953p:plain


この警告文は運転席側の窓ガラスに貼り付けます。

f:id:urban1:20200107110010p:plain


この車の使用者(駐車した本人)がこの警告文を見て、警告文内の連絡先(駐車場管理者様)に電話が来る仕組みです。

当事者間でお話していただき、結果により弊社にご連絡いただき、ロックを解除するシステムです。 

アーヴァンコーポレーションでは放置車両などのお困りごとのご相談をお受けしております。

お気軽にご相談ください。

札幌 1階駐車場型アパート 水道管凍結修理

連日、厳しい冷え込みが続いております。

水道管は気温がマイナス4℃を下回ると凍結するといわれています。

同じ市内でも場所によっては気温は様々です。

また、天気予報はあくまでも予想ですのでマイナス気温になるときは臨機応変に水道管の水抜きをすることをお勧め致します。

弊社及び協力会社共に連日、水道管凍結に関係するトラブルの対応に追われております。

なるべくお待たせすることが無いよう努力しておりますが、夜間や休日などはご依頼が集中するためお伺いするまでにしばらく時間をいただく場合もございます。

何卒ご了承願いします。

本日は札幌市のアパートにおいて起きました水道管凍結修理についてご紹介致します。

正月帰省中に水落としをしていましたが何故か水道管が凍結した事例です。

1階は駐車場となっているためその部分が凍結したようです。

f:id:urban1:20200104172735p:plain


1階部分はポリエチレン管を使用しているため電気解氷ではなく、水道管の一部を取り外して蒸気による解氷となります。

まずは継手を取り外して水道管の内部を確認します。

内部が完全に凍結しています。

f:id:urban1:20200104172824p:plain

 

この部分にスチームを発生させるチューブを挿入し、地下の凍結部分を解凍して行きます。

f:id:urban1:20200104173202p:plain



このあと継手を再接続し水漏れがないことを確認して終了です。

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も昨年同様、年末年始・大型連休などにかかわらず年中無休24時間体制でさまざまなトラブルに可能な限りすばやく対応致します。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

令和2年 元旦

f:id:urban1:20200101191116j:plain

 

令和元年も残すところあと僅かとなりました。

早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。
皆様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。
なお、弊社の営業は年末年始も同様に年中無休・24時間体制となっております。
来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

f:id:urban1:20191230131055j:plain                    f:id:urban1:20191230131129p:plain

 

江別 水道工事 流し台水道管凍結破裂修理

本日は流し台裏の水道管破裂修理についてご紹介致します。

築26年の一戸建てで、昨晩に水道管が凍結し、お部屋を暖めていたら自然に解凍したようです。

しかし、流し台の後ろからものすごい水が噴き出るような音がしたためすぐに元栓を閉めて様子を見ていたようです。

早速お伺いし確認致しました。

f:id:urban1:20191227121045p:plain

流し台の混合栓に異常は無いようです。

流し台を取り外し給水管を確認しましたところ、銅管の配管が湯水それぞれ破裂していました。

f:id:urban1:20191227121128p:plain


今まで一度も水道管凍結はなかったそうです。

セントラルヒーティングをほぼ入れっ放しにしていたようですが、昨晩は故障により暖房がすべて止まってしまったようです。

このあと、水道管を修理し後日、ボイラーの点検をする段取りとなりました。 

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

江別市 水道管破裂 ボイラー漏水修繕工事

本日は江別市の一戸建てで発生しました、水道管凍結による漏水事故についてご紹介致します。

築40年の貸家です。

新しい入居者様が決まったため管理会社様が 設備確認のため通水したところ、壁掛けボイラ内部、流し台裏、お風呂の蛇口から水か漏れてきているのを確認したそうです。

引き渡し日が迫っているので、早急に直して欲しいとのご依頼です。

早速各部を確認致しました。

まずは流し台です。

キッチンを取り外し水栓の配水管を確認しましたところ、水栓のフレキホースが完全に折れ曲がり漏水していました。

f:id:urban1:20191225095554p:plain


こちらは新品のシングルレバー混合水栓と交換致しました。

f:id:urban1:20191225095534p:plain


次に浴室の水栓です。

f:id:urban1:20191225095613p:plain


水栓本体に亀裂が入っており修理不可能です。

f:id:urban1:20191225095631p:plain


こちらも同機能のサーモシャワー水栓に交換致しました。

f:id:urban1:20191225095647p:plain


次は温水ボイラーです。

部品が非常に入り組んでいる部分から少量ですが漏水しています。

f:id:urban1:20191225095711p:plain


致命的な部分(釜本体)や各通水部品に亀裂が入っていました。

f:id:urban1:20191225095725p:plain

f:id:urban1:20191225095741p:plain


交換部品が製造中止のため新しいボイラー(ノーリツ・OQB-G4702WFF) に交換致しました。

本工事は費用は家主様の火災保険にてほとんどの修理費用が賄われました。

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌 灯油タンク (ホームタンク) 凍結解氷修理

本日は石油タンク(ホームタンク)の凍結修理についてご紹介致します。

朝になってストーブやボイラーを使用しようとしてもエラーが出て使用できないとのご相談です。

エラーの内容から灯油切れの可能性がありましたので確認していただいたところ、5日前に給油したため、メーターもほぼ満タンになっているとのことでした。

早速お伺いしまずは灯油タンクを点検します。

f:id:urban1:20191221102839p:plain


外観上は問題ありません。

次にタンク下部のストレーナー(フィルター)を点検します。

f:id:urban1:20191221102906p:plain


ストレーナー内に水が溜まり凍結しているようです。

どうやら原因はここで間違いないようです。

ストレーナーカップを取り外したところです。

f:id:urban1:20191221103022p:plain


ストレーナー下部の分離層に溜まっていた水が完全に凍結しています。

f:id:urban1:20191221103002p:plain


左側に見える青いプラスチック片は灯油より重たい物質ですので通常は一番下に沈んでます。

ここに水が溜まり始めるとこのプラスチック片が浮き上がり水が溜まっていることをお知らせする仕組みになっています。

この水に気づかないまま放置しますと、今回の凍結や石油燃焼機器の故障を招く結果となります。

このような便利なものが付いていても、誰かが説明してくれるわけでもなく、ホームタンクにそのような説明もないのでほとんどの方が知らないのではないかと思います。

気が利く灯油の配達屋さんであれば積極的に教えてくくれるようですが、年に数回はご自身で点検されることをお勧めいたします。

新しいストレーナー等を取り付けて、次は凍結の解氷作業です。

解氷と言っても電気や火を使っての作業ではありません。

スチーム(蒸気)を使用してタンクの下部を解氷します。

f:id:urban1:20191221103100p:plain


解氷が終了し、コックを開放し灯油が正常に流れていることを確認します。

f:id:urban1:20191221103116p:plain


青いプラスチック片が沈んでいる状態ですので問題はありませんが、少量ずつ水が溜まっていますので1週間後に再度水抜きをして終了です。

 

アーヴァンコーポレーションでは石油燃焼機器に関するメンテナンスをお受けしております。

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888

札幌市 アパート 給水管 凍結 解氷修理

この数日間は大変冷え込みが厳しくなるようです。

水道管凍結にはくれぐれもご注意ください。

本日は築6年のアパートにおける水道管凍結についてご紹介致します。

年末の帰省前に水抜きをしたが水が出ないとのご相談です。

f:id:urban1:20191220095937p:plain


電気解氷を試みましたが通電しないため、流し台を取り外しての解氷作業となりました。

使用されている管はポリエチレン管です。

f:id:urban1:20191220100011p:plain


ポリブデン管やポリエチレン管は電気を通さない素材ですので、一部の管を切断して蒸気による解凍となります。

フレキシブル管(ステンレス)は電気を通しますが抵抗値が大きいので通電させると焼き切れる恐れがあります。

再接合しやすい場所の管を切断してスチームパイプをを挿入し解氷して行きます。

f:id:urban1:20191220100258p:plain


解氷が終了したら専用の継手で再接続して終了です。

f:id:urban1:20191220100314p:plain

 

札幌 水道修理 流し台水道管 破裂 修理

本日は水道管破裂修繕についてご紹介致します。

お客様は年末年始に長期不在にしていたようで水道管が凍結したようです。

他業者様で水道管凍結解凍作業をしたのですが、数時間後に壁の裏で水が漏れているような音に気づいたようです。

早速お伺いし、まずは床の点検口から調査しました。

f:id:urban1:20191219105237p:plain


 ご指摘どおり水が漏れ出していました。

まずは水道管が隠蔽されている壁を開口しました。  

f:id:urban1:20191219105253p:plain


カバーがかかっている給水管のあたりからシューッという音がしていました。

カバーを外して水漏れ場所を特定します。 

f:id:urban1:20191219105310p:plain


ちょうどL型の継手部分が裂けていて漏水していました。

f:id:urban1:20191219105328p:plain


 お客様は凍結防止のため水抜き(水落とし)をしてから外出していたそうです。

しかし、この部分が破裂するということは水抜き(水落とし)不足によるものがほとんどです。 

この水道管につながっている減圧弁の水抜きをしていないために水が残り今回の事故になったようです。

 問題の継手を交換しました。 

f:id:urban1:20191219105346p:plain


 お客様が加入されていた火災保険により内装復旧費が賄われることになりました。

このあと、適正な水抜き方法をご説明し終了です。 

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な内容の水道工事をお受けしております。

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888