札幌市 水道局 水道メーター検針員指摘 水漏れ修理

本日は水道局の検針員指摘の漏水修繕についてご紹介致します。 


築38年の木造アパートです。


未入居の水道メーターが少量漏水の疑いがあるので、札幌市指定の給水装置工事事業者に修理を依頼してくださいとご連絡があったようです。


早速お伺いし現地調査致しました。


非常に古い水抜栓が取り付けられていました。


水抜栓はハンドル回転タイプとレバータイプの2種類がございます。


最近の製品は上下に動かすレバー型が主流です。


その他にリモコン電動装置が付いたタイプも相当数流通しています。


水抜栓は冬期の凍結防止のため以外、ほとんど操作される方はいないかと思います。


今回のケースもそれとほぼ同じで、数年間は全く操作していなと手のことでした。



水抜栓のピストン部を取り外して確認します。


画像の通り、中間にあるゴムパッキン3個ともに問題のある状態で、一部欠損などがある状態です。



Оリング3枚ともに交換し、漏水がないか確認したところ、問題ないと判断されました。


水道料金は水道メーターの検針値によって決まります。


検針員さん達は水道料金算定のための検針のみならず、漏水の疑いまで調べて回っています。


漏水の疑いがある場合は、検針員さん達が直接お伺いし調査をする場合があります。


その場合は、可能な限りご協力をお願い致します。


漏水の疑いがあり、水道料金が過大な場合は、指定工事店が漏水修理をし、水道局に対して漏水修理の報告をすることにより、過大な水道料金を減額申請することが可能になります。


内容によっては減額が認められない場合もございます。

今回も適正な修理を施し、減額申請をもって水道料金の修正を受けることになりました。

 

アーヴァンコーポレーションでは様々な設備に関するメンテナンスをお受けしております。

お支払は各種クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)もご利用いただけます。

f:id:urban1:20191225101637p:plain

お気軽に弊社ホームページ内のお問い合わせフォームにてご相談下さい。

お急ぎの方はココをタップ!
通話料無料のフリーダイヤルからお気軽に!
0120-910-888